札幌で出会いがあり最終的に配慮する

幼年期の言語は「黄色の葉」です札幌で出会い

美しく色づいた葉は、冬の到来とともに色あせ、最終的には冬の風の中で消えます。
飛ぶ湿気の結果として軽くなった葉は、北風によって軽く吹き飛ばされます。散らばった紅葉に霜が降り、冬は静かに深まります。

ボロボロの涙と紅葉を染めた札幌で出会い
(Bas松雄)
紅葉の夜
(野沢節子)札幌で出会い
紅葉が散る葉への配慮
柔らかい葉がないかのように色を重ねる
(稲葉Re子)

 

究極の札幌の出会いを体験!あなたにぴったりの出会い方は?


春の葉に乗るときにためらいがありません
(西村和子)
S色の葉
(水子明子)
紅葉の音が散らばっています。
(星野龍子)
芽を止めて、紅葉が散る
(高野純)札幌で出会い
秋の葉が散らばって
(旅館)

夏から初冬への変化を楽しみ続け、「青いカエデ」から葉を揺れ、紅葉に落ちたカエデの木も初冬です。私は葉を落としています。

札幌で出会いしばらく戻ってくる春の季節を迎えるために。

カエデの木は葉が散らばっているように見え、おもてなしのように感じたというフレーズ。

札幌で出会い
おすすめの半ペン地おでんにゅう

酔っぱらい1人分のおでん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です