札幌の出会いでは特別なケースがたくさんあると思います

改訂されると、専門家からの特別なケースがたくさんあると思います…

政治家は財務省に翻弄されているため、国税庁を恐れています。
その場合、国税は独立している必要があります。
財務省は出会いの省ではなく、出会いの省です。

菅さん、「徳生条例」をお願いします!
「日本政府は国民に債務を負わない!
今でも大丈夫です。しかし、次世代にとっては難しいかもしれません。
ですから、これ以上人口を減らしたら悪いのです!
(札幌の出会いのような)子供のための素晴らしい保護!あなたはただ言わなければなりません。

一方、現在の官僚のための言葉。
あなたは自営業です。私は人々を考えていません。
札幌の出会いは天下りの目的地を確保することだけを考えている体です。

私は長い間考えてきました
すべての官僚、私が学生だったので素晴らしい
就職せずに官僚を選ぶ、やっぱり省庁に入ってから一生懸命働いて、
私は剃っています。私は誇りを持って仕事をしていると思います。

札幌の出会いに、私は入ったので、私は高い給料をもらわなければなりません。
実力主義に勝ったからです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です